スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
石戸蒲桜を見てきました
寒いですね~。桜前線は北上中ですが、雪を被った桜もあるようで、
思いもかけない4月の寒さにびっくりです。
東京でも雪が降りましたから。

で、こんな寒くなる前、満開だった東京の桜を楽しんだ後に、
埼玉県にある樹齢800年の「石戸蒲桜(いしどかばざくら)」を見に行ってきました。

☆-----------------------------------------------☆
「石戸蒲桜」は埼玉県の北本市にあります。
大正11年に「日本五大桜」が国指定の天然記念物となりましたが、その内の1本です。
なのに、同時指定の「三春の滝桜」や「神代桜」に比べて、驚くほど知名度が低かったと思われます。
なにせ、東京から普通列車で1時間かからない所にこんなものがあるとは、
管理人も最近まで知らなかったくらいです。
(自分が知らないと知名度が低いと思うんかい、と、つっこまないで~。)

知名度が低かった理由は、ずばり、宣伝を「していなかった」、「されていなかった」ためのようです。
何故なら、この桜は戦後衰えて、古い大株4つのうち3つが枯れる事態に。
なんとかしたいと周囲もいろいろ試しましたが、効果は今一つ。
ついに花も咲かせなくなり、本当に枯れ死寸前でした。
と、そこへ「これじゃいけない」と予算(文化庁やら北本市?)がつき、
それまでよりずっと大がかりな処置が施されるように。
人々の熱意と献身と科学(植物学?)のお蔭で、
最後の1株は10年振りに再び花をつけるようになり、子株も育ち、
30年ぐらいかけて、ようやく、花が往時の面影を取り戻すようになったのがここ数年のことだそうです。
それで市が宣伝を始め、管理人も北本市の作成したポスターを見て初めて知りました。
(都内にも、多分北部だけでしょうけれど、貼ってあったんです。)

4月4日、お昼前に北本駅到着。お天気は曇りで、それはちょっと残念。
駅にあった「石戸蒲桜」のポスターがそれは幻想的で美しく見事でした!
(残念ながら写真は撮りませんでした。ネットを探しましたが、見つからず。)
市は、「桜まつり」の真っ最中。
駅前から「高尾桜の公園」行きの無料シャトルバスが出ていたので、
「桜の公園」を起点にパンフレット(駅前で配布)記載のハイキングコースをたどり、
桜堤などを通り、目的の桜を目指すことにしました。

東京は既に桜は終わった感じでしたが、
車窓からは、まだ見事な桜がところどころ見えました。
菜の花祭りもやっていて、途中下車する人たちも。
そんな中、終点手前で見事な白い桜を見つけ、思わず降りてしまいました。
(桜だと思いましたが、違っていたらごめんなさい。)

IMG_0665_20150410230658cdf.jpg IMG_0666.jpg
美しい白でした。後ろに見える門は、お寺とかではなく、個人のお宅のようです(笑)。

辺りは既に桜と菜の花がたくさん。
公園ではいろいろ屋台が出ていて、人も結構たくさん来ていて賑やかでした。
後で知りましたが、公園にも「樹齢200年」の桜があったもようです。
「ソメイヨシノ」以外にもいろいろな種の桜があり、
まだ若木の枝垂桜がたくさん植えられていて、数年後が楽しみな感じでした。
公園で、ちょっとお腹を満たしてからハイキングルートへ。

IMG_0670.jpg IMG_0671.jpg IMG_0669.jpg IMG_0667.jpg
途中、「自然観察園」の中の遊歩道を通りましたが、
ここも実にいいところでした。


IMG_0673.jpg
本当にあちらこちらに桜があります。

IMG_0677.jpg
この大きな桜の向こうに...。

IMG_0680.jpg IMG_0679.jpg
目的の「石戸蒲桜」です!
2枚目の隅に人が写っているので、その大きさがわかるでしょうか。

IMG_0678.jpg IMG_0684.jpg IMG_0686.jpg
散り始めとはいえ、まだまだ見ごろでした。

IMG_0687.jpg IMG_0681.jpg

桜の根本には「板石卒塔婆」と言われる石がいくつも置かれていました。
これが根を圧迫しているとかで、現在はどかせるものはどかして、「蔵」に収蔵されています。
(木にめりこんでいるものは仕方なくそのまま。写真ではわからないですよね。)

この「板石卒塔婆」に刻まれた文字で、最古のものが「1233年」と読めるそうです。
それで「樹齢800年」ですが、
当時「板石卒塔婆」を供えるくらい特別な木だったのなら、
1233年には既に大木だったのかな、とも思えます。

IMG_0682.jpg
「東光寺」というお寺(の分寺?)の境内にあるのですが、
他にも桜は何本もあり、散りごろで、
花びらによる桜のじゅうたんも綺麗でした。
風が吹くと、本当にさあっと、花吹雪が舞いました!


北本名物は「トマトカレー」だそうです。
残念ながら境内近くにもあった小さな祭り会場の屋台では売り切れで試食そこねましたが、
来年、もう一度来て、その時には是非、と思っています。


スポンサーサイト
[2015/04/10 22:56] | [その他]つぶやき | トラックバック(0) | コメント(2)
<<赤城南面千本桜を見てきました | ホーム | 公主の花の日 その後 下>>
コメント
樹齢800年ですか。
桜はずっとそこでひっそりと佇み、人々や町の移り変わりを見てきたんでしょうね。

咲かなくなった花が咲くようになって良かったですね。
とても綺麗*\(^o^)/*
皆さんの努力の賜物ですね。

今ちょうどTVでも桜の特集があってました。
静岡県に桜トンネルがあるみたいですね。
すごく綺麗だ(#^.^#)
今年はバタバタしてて桜の花見ができませんでした。

もうすぐ藤の花が咲くのでそれは是非見に行きたいと思ってます。
素敵な桜の写真、ありがとうございました(^ ^)
[2015/04/20 08:13] URL | トナン #- [ 編集 ]
トナン様、コメントありがとうございます。

>今ちょうどTVでも桜の特集があってました。
>静岡県に桜トンネルがあるみたいですね。
>すごく綺麗だ(#^.^#)
>今年はバタバタしてて桜の花見ができませんでした。

写真、しかもお天気が良くなかったので写りが悪いですが、
それでも楽しんでいただけたようで嬉しいです。

>もうすぐ藤の花が咲くのでそれは是非見に行きたいと思ってます。

そうですよね、もうすぐ藤です。
昨年、足利フラワーパークの大藤を(ついに)見に行ったのですが、
美しさと迫力に圧倒されました。
でもあそこまでいかなくとも、近所の神社の藤棚も綺麗でした。
藤も本当に楽しみですね。
...ただ、「藤ソフトクリーム」は見つけてもトライしないほうが良いかと(笑)。
好きな人もいるとは思いますが。
[2015/04/21 20:32] URL | midorin #PDrP5gew [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://uguisu794heiankyo.blog.fc2.com/tb.php/330-8c8fd908
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
古いおもちゃ箱


歴史好きの本好きが善徳女王にはまりました。善徳女王を中心に本や映画のことをつづっていきます。それと善徳女王のドラマで消化不良の部分を勝手に二次創作しています。

プロフィール

midorin

Author:midorin
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

☆☆☆☆☆

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。